長期入院を終えたBさん

まちでの暮らしに自信を積み上げる中で、本当の目標を探す

Bさんは長い引きこもりの間に、昼夜が逆転して生活リズムが乱れ、それが原因で長い入院をされました。調子が戻って、まちに帰ってくることになったBさんは、家族から離れて初めて一人暮らしをすることになりました。ところが、家事はしてことがないし、まだ、自分の調子をコントロールする自信もない。人と関わることも苦手だし、さあ、どうしたら良いのかわからず、まずはのぞみ工作所の生活訓練で力をつけることになりました。
のぞみ工作所の生活訓練の特長は、「利用者一人ひとりにとっての生活訓練をプログラムすること」。早速、Bさんの希望と課題に寄り添いながら、いろんなプログラムを一緒に考えました。その中で、Bさんがこれまでの生活では出会えなかった、いろいろな体験ができる機会をプログラムを通して提供しました。そして、その体験を一緒に振り返りながら、Bさんが自分に「できること」、「できないこと」に気付き、力と希望を取り戻す日々に伴走しました。
Bさんの最初の目標は「再入院をしないこと」。それが、次第に「仕事に就いて、まちの中で役割を持って暮らす」ことに変わりました。Bさんは、のぞみ工作所の生活訓練の日々で、たくさんの体験をして、自分の持っている力を知る中で、自分の「本当の希望」に気付かれました。