本文へ移動

ブルーリボン(生活介護)

Topics(ブルーリボンの最新情報をお知らせします)

地域精神障がい理解促進講座
2018-01-29
1月29日(月)、豊一市民センターで行われた、ハートふれあい祭りのプレ企画、地域精神障がい理解促進講座が開催されました。精神科医からのお話や、地域で精神障がい者を支援する団体の紹介などが行われ、ブルーリボンの利用者さんが、当事者の代表として、自らの体験談をお話してくれました。参加者は市民の皆さんも含めて約80名ほど。ブルーリボンからも、利用者スタッフ総勢8名で参加してきました。地域の方々と共に、精神障害に関する理解を深める良い機会となり、また当事者の体験談としてブルーリボン利用者さんのお話は本当に心を打つものでした。
 
<参加された利用者の感想です>
・今日の講演会は、たかはし心のクリニックの高橋院長の話を聞いたら、うつ病はいろいろな症状があると良い勉強になりました。精神障がいは、今回の公演でやはりストレスから起こりうるというのを初めて知りました。やはり早い目の休息が必要だと思いました。今回の講演会は民生児童委員の人たちの話も良い勉強になりました。民生委員のところも何かあった時のための有力機関だと思いました。やはりこういう機関は必要だと僕らでも思います。社会福祉協議会という機関や吹田市断酒会という場や、シードという相談支援事業所や、やはりもっと幅広くテレビやマスコミで流して宣伝すれば、もっとより良い社会になると僕は今日の講演で、そう感じました。これからもこういった講演を聞きたいなと思いましたし、やはり今日当事者として話してくださった方みたいに、いずれか僕も話したいと思いました。
 
・当事者として、うつ病の体験・経験を伝えることができて良かったです。また、来てくださったみなさんが、真剣に話を聞いてくださって、「自分の体験した苦しみ」が、少しでも役に立つといいなと思います。
TOPへ戻る